パピッター

超雑多に日常を綴ります, 試験運用中です.

他者, 他社等に対する意見とか要望とかに, 強い言葉を加えると批判っぽくなる気がする. 例えば, 「Aという事実があるので, Bだったらいいなあ」とかは意見や要望と言えるけど, 「Aという事実があるのに, BではなくCなのは最悪, Bであるのが当然だし, そうなっていないのは本当に滅びてほしい」...みたいな感じに, 強い言葉が混ざってきたり, 当事者の精神に殴り掛かるような文言が混ざってくると, 批判っぽい.

批判, 個人的には難しいと思って, 大抵の場合, 何かを棚に上げている(?)気がしていて, 「お前そうやって批判するけど, お前も同様やんけ!!!」と反論されそうで, そうなると何も言い返せなくなるので, 結果として意見や要望という形で落ち着く事が多い. 一貫した意見を持っている人は, そういうツッコミどころを減らせるのかもしれないけれど, まあこのブログを読んでいる人はお察しの通り, 様々な点でフラフラ生きているのでもうダメなのであった.

言うまでもなく, これは「批判なんて, してはいけない!」とか, 「自分のこと, 批判しないで欲しい...」という意見なのではなくて, 事実に基づいた批判をすることは, 誰にも妨げることは出来ないと思っていて, その中で自分は, 「リスクとかいろいろあるので, 批判せずに, 意見や要望に留める」という選択肢を取っている, という感じ. もちろん批判する言葉の中に, 脅迫とかそういった犯罪要素が入ってくるのはNGだし, 後は「事実に基づいて」というところが結構大事だと思っていて, ここが嘘の情報とか, 捏造した情報に基づいていると, それは意見や要望, 批判ではなく, 誹謗中傷になってしまう. 結構感情的になっている時とか, 相手の言い分を曲解してダーッと言いたくなってしまう時が多々あるので, 割と気をつけたいと日々思っている...