パピッター

超雑多に日常を綴ります, 試験運用中です.

「アイドル」と言えば, ちょうど1年くらい前に転職活動を初めた頃, デレマスの同じ曲を繰り返し聞いていたような気がする.

例えば, 「S(mile)ING!」とか.

憧れだけじゃ終わらせない
一歩近づくんだ
さぁ 今

或いは, 「EVERMORE」とか.

もっと広がってゆけ
色とりどりの未来
昨日の涙は明日のチャンスに
あの日の空想は今日のリアルだよ

アイドルマスターの曲, 結構生々しい(?)というか, ストレートなモノが多いような気がして, 言葉にしにくいのだけれど, そこから元気とか, 勇気とか, 或いはいろいろな気付きを得ているような気がする.

...アイドルマスターというコンテンツ, 実は一度沼から脱して足を洗ったことがあったのだけれど, (上松範康先生という隙(好き)を突かれたというのもあったけれど)こうやって再び沼に戻ってきたのは, そういう所がうまく自分の趣味とマッチしたからなのかなあ, と思ったりしたのだった.


今週のお題「私のアイドル」

高松旅行良かったですね, 2日間の割には濃厚な感じだった気がする. ところで次の旅行ですが, 2月末のYAPC::Okinawa... の前に, 2月17日〜18日で今度は青森に行く予定があります. とにかくJGCの修行終わったはずなのに, 今年も高頻度でフライトしていて, どうしてこうなった...

自分たちのようなエンジニアと呼ばれる人達が駆使する技術は, あくまで道具であり, その道具を活かしてどのように価値を生み出すか? という点が重要である. だからこそ, その道具を雑に扱ってはいけない. 日々の学習で使える道具を増やしたり, 知識をアップデートして道具を手入れすることが, 大なり小なり求められてくる.

ところで, 道具と言っても様々な種類の道具がある. ここではRPGの冒険者の装備で例えたい. 昨今話題のブロックチェインや, 或いは機械学習, 人工知能, 量子コンピュータといった道具は, これまで困難だったことを実現できるようにする糸口になる技術で, 結果として, より大きな価値を届けることができる可能性が, ぐっと高まる技術だと思う. そう考えると, こういった技術は, 冒険者の持つ自慢の武器に例えられるのではないか.

一方で, 冒険者は武器だけでは冒険に行くことはできない. 適切な防具を装備し, 戦い方に適したステータス強化を実現するアクセサリーを準備することで, より安全に, 盤石の体制で冒険に出ることができる. セキュリティやRDBMS, インフラの知識, 或いはプログラミングの知識と技法(TDDやDDD等), 更にはアジャイル, スクラムといった手法などが, 防具やアクセサリーに当てはまると思う.

防具やアクセサリーだけでは戦えない. しかし, 武器だけでは生存率が極端に下がってしまう. だからこそ, 技術を活かして価値を届ける事業に取り組んでいくのであれば, (極端な言い方をすれば)"攻め"の技術と, "守り"の技術の両輪を回し続ける必要があると思う.

過去, いろいろな会社を見てきたけれど, トップダウンで"攻め"の技術だけ注力して, "守り"の技術には一切関心を持たず, 現場の裁量に任せきっている経営者が, 結構いるように思う. だけれど, 今いる会社は, そういう事は全然なくて, 抜群にこの両輪をしっかり回せている会社だと思う. とにかく強靭な"守り"の技術を持ちながら, それを拡大発展させる形で"攻め"の技術を手にしていて, その幅と領域も, ますます広がろうとしている(最近発表された, Mackerelの1分単位のデータ保存期間の大幅な延長とかは, まさに"攻め"の技術の結晶だと思う).

結論としては, 最近は結構, 守りに回るような作業が多かったけれど, 近々一転攻勢で攻める技術的チャレンジが出来る機会が訪れそうなので, 引き続き攻防一体でしっかりやっていきたい.

変な夢見たけれど結構ぐっすり眠れて, 結構疲れた取れたようで朝からめちゃくちゃ元気に働いていた. とはいえ流石にハイスピードでやりすぎて力尽きてきたのが今...

papix.hatenadiary.jp

この時に買った鞄が, 日々の通勤とかは不満はないのだけれど, 1泊〜2泊程度の旅行では収容力がなさすぎて使い物にならない問題があったので, カッとなって新しい鞄を買った.

結果としては値段相応という感じ, 大満足ではないけれど, 少なくとも収容力という点では及第点で, いつも持ち運んでいるグッズに加えて2泊分の衣類も普通に収納出来そう. とりあえず土日に高松に行くので, その時に使い勝手とかを実践の中で確かめてみたい.

自分の手が届かない範囲のアレコレについて悩むの, 基本的に悩んだところで何も変わらないし, 何も変えられないというのがあって, とにかく無駄な感じがする. とはいえ, そういった物事こそ, 無意識に思考の中に浮かんできてしまったりして, 結果としてちまちまと思い出してしまって, なんというか大変*1.

まあ, 良い方向に見れば, かつて自分自身と向き合うので精一杯だった時期をちゃんと脱することができて, 今度は自分と周囲とでの間で思い悩める程度に視野が広がったというか, 余裕が出てきたというか, そういうのはあるのかもしれない. 人生いろいろあるので, 引き続きやっていくしかない.

*1:一応補足しておくが現職の話ではない

JALに, 「e JALポイント」という制度があって, 多分去年JALカードに入会したときに5000ポイントもらっていたようだった. このポイントは, JALの航空券やツアー(JALダイナミックツアー等)を予約するときに, 1ポイント=1円として利用することが出来て便利.

...なのだけど, 使うタイミングを見計らっているうちに来月末(2月末)で, 5000ポイントの有効期限が来ることに最近気付いて, どうしようかなあ〜と考えていた結果, 気付いたらJALダイナミックツアーの申し込みをしていた.

f:id:papix:20180124021444p:plain

羽田->三沢と青森->羽田の飛行機に, 1泊のホテルをあわせて21,400円. ただ, これはポイント分の割引をする前の値段で, 実際はここから5000ポイント分... すなわち5000円分引かれるので, 実際に支払った金額は16,400円. おおよそ15kで青森まで行って, ホテルに泊まって帰って来れるの, やはり安くて, 例えば新幹線のはやぶさで青森まで行くなら, 片道の運賃と指定席料金で普通に15k越えてくるので, それを考えれば破格と言わざるをえない. さらに言えば, 空港乗りつぶしも捗るし(三沢空港も青森空港も, まだ行ったことがないので).

というわけで, なんかJGC修行終わったのに, 今年もなんだかんだ飛行機乗りそうな予感がしていますね. そもそも今週末も「どこかにマイル」で松山行くし... まあとりあえず引き続きやっていきましょう.

火曜日, なんかいろいろあって前職の先輩であるところの id:kazuph1986 さんと id:yuukigoodman さん, そして前職同期の id:t_akms, id:shirakiya 辺りで五反田に集まって飲んでいた. id:hoto17296 も来れたら面白かったのだけれど, 沖縄に引っ越してしまったので呼べなかった.

去年はいろいろが... 本当にいろいろありましたねとか, 前職若手の退職情報とか(思ったよりも同期が辞めていたのを知って驚いた)とか, 某氏の恋愛相談とか, そういった雑な話がひたすらに行われて, めちゃくちゃに楽しめて良かったですね. 特に最後に, id:kazuph1986 さんが店員さんが持ってきた領収書を持ち, 親指を立てながらレジに向かっていったシーンは涙なしでは見られませんでした(ごちそうさまでした!!!!!!).

最近気づいたのだけれど, 家から徒歩5分もしないところにヤマトの宅配センターがあって, 朝早くにヤマトの方が届けてくださった(いつもありがとうございます...!). 中身はというと, とにかく最高で, 最初から最後まで, 椎名豪先生〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!! という感じで, とにかく良かった.

高垣楓というアイドルの, そして椎名豪先生の, それぞれ1つの到達点みたいな, 総集編みたいな... とにかく凄まじい勢い, 濃ゆい楽曲が詰まっていて, 最高の一言. 如月千早の「細氷」とか好きな人は絶対にツボに入るので買いましょう. 現場からは以上です.

朝からものすごく頭が痛くて, 2時間くらい無になっていたら治ってきたのだけれど, 本調子ではないし, 雪大変そうだし自宅で作業することにした. 結果としては夕方辺りから雪で電車とかめちゃくちゃになってきていて, まあ正解だったのではという感じ.

難点としては自宅の椅子が(オフィスの椅子よりも)安物なので, とにかく腰が痛いというところ. 前に腰が痛くなったときに行って, 割りと効果のあった整骨院にまた行こうかと, 真剣に悩み始めている...

土日, とにかく良い夢が見られなくて, 土曜日はカラオケに行く約束をすっぽかしてしまってめちゃくちゃ後悔する夢を見て, 日曜日は飼っているペット(実際は今の家も実家も, 何も飼っていない)が逝去して, 何故か周囲に八つ当たりする夢を見ていて, とにかく最悪という感じだった.

このご時世, もはや新卒で入社した会社でずっと働き続ける, というのは逆に非常に難しい時代になっている. なので, 昔以上に「転職」というアクションが身近になってきていると思う. 今の会社でも, 新しく入社してくる人がいれば, 新しい挑戦のためだったり, さまざまな理由や事情で, 退社(退職)を決断される人がいる. そういった時, かつての仲間に対して我々が出来るのは, 退職していった人達が, 「今の会社も最高だけれど, あの時いた会社も良かったな...」, という感じで, かつて在籍したことを, 誇りに思ってもらえる会社であり続ける事だと, 最近思う.

ところで, 退職にも, 前向きなものと, そうでないものがあって, 例えば心が折れてしまったり, 失望してしまったり, 或いはどうしても耐え難い出来事があったり... そういった時に, 退職していった人が, Twitterとかブログとかのような公の場所だったり, 或いは飲み会といったクローズな場所で, 「前職, ここが良くなかったんだよね〜」とか, そういうのを言いたくなる時がある. そういった, 在籍時代に実際に体験した出来事から抱いた感情について, それを言葉で表現することを妨げることは誰にも出来ないと思っていて(もちろん, その表現の仕方が酷いのであれば, その発言を聞いたり見たりした人が, 逆に反感を持ってしまうことも, また妨げられないと思う), それに対して, かつて同僚だった側の人々が, 「そんな事を言うなんて最悪!!!」とか, そういった形で本人に突っ込みを入れるのは, 火に油を注ぐようなものじゃないか? と最近思う. 中長期的に見れば, 逆にそういった意見を糧にして, 問題点を改善して, 逆に退職してしまったことを後悔させた方が, 全員にとって絶対に有意義なはず.

...まあなんか, 自分自信, ちょうど1年くらい前に転職をして, 改めて気づいた事とか, 反省点とか, もう繰り返したくないこととか, 良くなかった所とか, いろいろあって, 黒歴史っぽくなっている部分もあるけれど, でもそれらはこれからに活かさないといけなくて, だからそれを忘れないように, こういった文章を書いた. なんだかんだいろいろあったけど, とはいえ得難い経験をたくさんくれた, かつて在籍していた会社を誇りに思い続けていたかったし, だからこそ, これから同僚を見送ることになったら, かつて仲間であったことを誇りに思い続けてもらえるよう, しっかりやっていきたい, というのが結論... だと思う.

晩御飯, たまたま通りすがったすた丼で食べようと思って, 強い感じにしたかったので「肉盛り」にしたつもりだったのに, 何故か「飯盛」になっていて, めちゃくちゃになってしまった. とてもつらい. なお結果としては, とにかく最後まで気合で, 全部... 食べたデブゥ. こうやってデブが... デブが育つ.........

そういえばちょっと落ち着いたので「美に入り彩を穿つ」のコミュ一気に見たのだけれど, めちゃくちゃ尊くてびっくりした. 最近の, いわゆる"既存ユニット"の新曲にあたって追加されるコミュ, 今回の「羽衣小町」もそうだし, 「ファミリアツイン」も「Triad Primus」も, とにかく力が入っているというか, 最高のコミュが続いていて非常に尊くて最高.

考えて考えて, 議論して議論して, 厳しいと思っていた課題を乗り越えられる手がかりを掴めた時, 「やった!」という気持ちの裏に, 「もっと早くこの結論に至れたら...」みたいな気持ちが, たまに浮かぶ. とはいえそれは贅沢な悩みで, そこまで経た思考や議論は, その結論に至るまでに必要だったコストなので, うまく乗り越えられたという成功体験を糧にして, 前向きに, 次はより少ないコストでクリアできるようにやっていこう, と思うのが大事だと思う.